• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
MOJOMOJO
The Electrifyin'
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : DTM
2010-06-10-Thu
Highgrade Disharmonic Orchestra等
Trackback 0  Comment 0





ドイツ語?でわからない
スポンサーサイト
CATEGORY : DTM
2010-03-20-Sat
アレコレMPCを見学に行ってきました。
Trackback 0  Comment 0
参加者(オペレーター)11名/10台のMPCが一同に介しておりました。

ビート サンプル取り
チョップ・アサイン 
ビートシーケンス

上ネタサンプル取り
上ネタシーケンス

という手順でした。

500/2000/2000XL/2500と機種も様々でしたが、同じサンプルからそれぞれ全く違った音が出来ていく過程が面白かったです。

MPCを使う皆さんはあまり目を使わず、主に手元と耳で作っていくところが印象的でした。操作やネタを限定しながら作る"縛り"の良さを見た気がしました。

終了後は参加者の作ったループをCDにして配って欲しいです。

隔月か毎月で企画するそうなので興味のある方はぜひ行ってみてください。
CATEGORY : DTM
2008-03-15-Sat
まいったね。
Trackback 0  Comment 4
FL STUDIO8が突然立ち上がらなくなった。
ソフトを再インストールしてもダメ。
何とぶつかってるんだろう?
今日インストールしたDIVXtoDVDというソフトがちょっとあやしい。

とりあえずウイルスチェックしてリスクがひとつ見つかったらしい。
FL STUDIO7を再インストールしてもし立ち上がったらしばらくはそれでやろう。

あー、あほらしい。

今日の朝の時点に復帰するのとかやり方知ってる人いたら教えてください。
CATEGORY : DTM
2008-03-06-Thu
キックの音
Trackback 0  Comment 3
恥ずかしながら今頃気づきました。
周りの音に埋もれないキックを作るためには中音域が大切だったんですね。

以下の2つは同じKICK音源です。

INPUT(処理前)
Loは100Hz以下にたまっている。


KICK.mp3

OUTPUT(処理後)
MIDを上げることによって赤い色が2~5kHzまで分散している。
OUTPUT.jpg

EQKICK.mp3

「太い」キックという言葉のイメージで低音ばかり強調してもっさりしていましたが大事なのはアタック感だったんですね。

EQはまだ調整できそうですね。

ちなみにベースもLoをガッと削ると輪郭がはっきりしました。
CATEGORY : DTM
2008-01-10-Thu
TRAKTORとIMEパッド、文字入力について
Trackback 0  Comment 0
TRAKTORでプレイしているときに僕が最もテンパるトラブルのひとつに、
「文字入力できなくなる」
というのがあります。
結論からいくとこれなので、常に即座に対応できるようにしておこうと思ってます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414083119
IMEパッドのヘルプをよく読んでおくと良いのでしょうね。
CATEGORY : DTM
2007-12-13-Thu
Traktor3.3について
Trackback 0  Comment 2
 CISCO閉店というのは僕にとってもそれなりのニュースなのですが、hotwaxが閉店した時点で僕のアナログ離れは始まってたのかも知れません。時代の流れには勝てないなんて言うとセオ(パリッシュ)に怒られると思いますが。
CATEGORY : DTM
2007-10-10-Wed
また、やっちゃった。
Trackback 0  Comment 1
またTraktorのデータ消した。俺バカ!
たぶんi-tunesのデータインポートしてるときに消えてたんだな。一年分のデータ復旧に昨日から取り掛かりました。
今度は100パーセントi-tunesでの管理にします。
昨日の晩はプレイ中に曲が思い出せないといういやな夢をみました。
次はmac欲しいけどi-tunesのデータの移行はうまくできんのかな?
毎回手打ちでも我慢するけど、こういうときPC役に立たないって思う。自分が使えないだけなんだろうけど。
CATEGORY : DTM
2007-09-20-Thu
Traktor トラブル
Trackback 0  Comment 1
普段使ってるDJソフトでトラブルが起こりました。

1.ハードディスクの名前が普段 H:→なぜかF:に そのためTraktor側で認識できない。
2.Windowsのシステムのほうからハードディスクの名前を変更する。Traktorで認識される。
3.150曲ほどに貼り付けておいたアーティスト名やレーベル名のデータが紛失(元曲のデータは無事)。バックアップをインポートし直すも、無駄に終わる。
4.地道に入れなおし作業中

原因としてはやはりH:ドライブの名前を変更した事によってTraktor側に新しく曲がロードされたものと思ったらしい(名前が消えたデータは全て2007/9/20にインポートされたかたちになっている)、ただし、全曲のデータが飛んだ訳ではなく、250曲中150曲、i-tunesのほうには被害なしと、なかなかわけのわからない状態にあります。物理的被害でない事だけを祈ります。

あーあ。

でもまだ日にちあるだけマシか。二度と同じことが起こらないようにデータの保存形式を隅々まで理解しようと心に決めました。
CATEGORY : DTM
2007-05-21-Mon
TraktorSkratchで発見
Trackback 0  Comment 2
次の一枚をアナログでかけてみて混ざりを確かめたら、これがまた、意外とよく混ざる。NIの狙いはこれだったのか?ってくらい。最近PCに切り替えた人(ANAROG→Data変換はしてない人のほうが多くない?)も、これでかけたいアナログを現場に持っていけば簡単にMIXできる(A→D、D→A両方向共)と思ったけど、やっぱりそうなると操作は結構シビア。
CATEGORY : DTM
2007-05-19-Sat
TraktorScratchレポート
Trackback 0  Comment 0
DVC00007.jpg

TraktorScratchを入手しました。

第一印象はセットアップ(接続)が結構手間。わかりやすいけど今までが簡単すぎたからか。現場入ってのセットはほかのDJとの兼ね合いにちょっと問題がありそうなくらい、手間。

インストールは無事終了してさっそくプレイ。
新しいA/I、Audio8はIndigoDJに比べて音がごつい感じ。(はっきりと分かる程ではないがハリがあってハイが耳につかなくなった気がする)

タイムコードバイナルのタッチと音はもろに、気持ち悪いほどアナログ。(冷静になってアナログと比較するとやはりラグは感じる。)
ピッチフェーダーの感じやブレーキをかけるのもダイレクトに伝わっていきます。
ただ、全曲WAVが悪いのか、外付けハードディスクが悪いのか、PCのパワーが足りないのか、メモリが足りないのか、(スペックはpenM1.6、メモリ1.5G)へんなクリップノイズ?がよくはいって気になった。(←これがストレスを感じる最大の原因と思われる)調査とか調整とかすれば何とかなる範囲だと思います。
 アナログのタッチは気持ちよい、ブラウジングも楽、セッテイングは面倒、そんな中でも今一番気になるのは、なんともいえない違和感かな。アナログでやるべきところをデジタルに置き換えてアナログと同じ事をしている、その滑稽さ。人が見たらなんて言うんだろう。へんです。なんだろう?でもすぐ慣れると思います。
 あと2デッキしか使えないから普通のTraktorで3デッキ使ってプレイしてた。(TraktorscratchとTraktor3は別物と考えたほうがよいでしょう。)まあ、本来の目的はこれだったんだけどね。
うーん、PCで本気でスクラッチやる人には超オススメではないでしょうか。俺はAudio8だけでよかったけどTraktorScratchのセットも値段一緒だから買った感じで変に期待して結果ちょっと損した気分に。
 あ、でも作った曲とか自分の声とか録音したの擦れるのか、でもスクラッチの練習しないし…
 現状ではTraktorScratchをクラブで使う事はあまり考えにくいです。が、へんな利用法は考えていきたいです。

追記:レコードに彫ってあるタイムコード、1分おきに軽い溝が入ってて10分まで盤面見て分かるようになってる。針置くとTraktor側もそこに移動する。そのへんもすっかりアナログ感。すげー。

※購入に際してすみずみまで世話焼いてくれたDropkick-吉田君(イケベ楽器)に感謝します。みんなも楽器は彼のところで買うといいよ!
Copyright © 2017 MOJOMOJO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。