• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
MOJOMOJO
The Electrifyin'
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : DTM
2007-12-13-Thu
Traktor3.3について
Trackback 0  Comment 2
 CISCO閉店というのは僕にとってもそれなりのニュースなのですが、hotwaxが閉店した時点で僕のアナログ離れは始まってたのかも知れません。時代の流れには勝てないなんて言うとセオ(パリッシュ)に怒られると思いますが。
さて、DJソフトのお話です。
Native Insturments(NI)のTraktorもver.3.3になって4デッキでコントロールバイナルの使用が可能になりました。つまり、ターンテーブル4台使ってPC内のトラックを4個動かせる訳です。
4台は必要ないのですが、最近三沢基地のアメリカ人がRANE serato SCRATCH LIVE(これもDJソフト)を使ってスクラッチしてるのをみて自分もコントロールバイナルを使ってみようと思いました。

感想として、やはり音を手でさわる感覚は楽しいです。まるっきり機械任せよりもMIXの達成感は大きいし。作業を増やして喜んでるってところでしょうか。

しかし重大な欠点が。

僕のPCのせいかもしれませんが、トラクターはピッチが変わるときに特にハイハットのあたりにデジタル的なノイズが発生する気がします。(音の高低が変わらずにスピードが変わるのだから音と音の間を補完する際の処理で発生しているノイズと思われます。)
(もしかしてスピードにピッチを追従させれば補完の必要がなく、ノイズも発生しないかも?確認します。)
ターンテーブルのスピード=トラックに与えるスピードの指示=一定ではない信号の処理、なので相当な負担がかかっていると思われます。

と言う訳で操作性と音質を天秤にかけたときに音質を選んだほうが快適だったので、今回はコントロールバイナルを使わない事にしました。でもいつか使おうと思っています。

ちなみにTraktor3とTraktorscratchでCPU負荷確認するとscratchのほうが半分くらいの軽さでした(2デッキだし当たり前と言えば当たりまえ)。

↓まだ残ってるのか?
TRAKTOR DJ STUDIO 3.0 サマースペシャルキャンペーン
↓僕はこれを買ってアップデートしたら安く上がりました。ソフト自体は超初心者向け。
TRAKTOR-DJ 日本語版

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 
DR.Q | URL | 2007-12-13-Thu 17:33 [EDIT]
DJソフトの高音域の問題は、僕の使用しているLIVEでも見られます。音質が向上したと言われるLIVE7でも、若干改善されたように聴こえるものの、同様の症状でした。原因は御指摘の通りだと思うので仕方ないと思いますが...。そう考えると、タイムストレッチという機能限定で一番高音質なのはパイオニアのCDJじゃないかと考えるようにもなる今日この頃です。
senn | URL | 2007-12-13-Thu 18:00 [EDIT]
コメントありがとうございます。
Traktorの弱点はピッチ(ピッチフェーダー)を動かしている間だけなんです。ちょっとしたピッチを補正用のキーで動かす場合は意外とキレイなんですよ。ただ、タンテでコントロールするとなるとトルクの関係でこまめにピッチフェーダーが動いている状況を生み出している。結果、ノイズ発生、となるのだと思います。”ごく小幅なピッチ変更のみピッチ補正キーでおこなう”的なプログラムになれば問題は解決されるかも知れません。
NI頑張れ!!

Track backs

Thanks a lot!
URL
Copyright © 2017 MOJOMOJO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。