• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
MOJOMOJO
The Electrifyin'
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : DTM
2008-03-06-Thu
キックの音
Trackback 0  Comment 3
恥ずかしながら今頃気づきました。
周りの音に埋もれないキックを作るためには中音域が大切だったんですね。

以下の2つは同じKICK音源です。

INPUT(処理前)
Loは100Hz以下にたまっている。


KICK.mp3

OUTPUT(処理後)
MIDを上げることによって赤い色が2~5kHzまで分散している。
OUTPUT.jpg

EQKICK.mp3

「太い」キックという言葉のイメージで低音ばかり強調してもっさりしていましたが大事なのはアタック感だったんですね。

EQはまだ調整できそうですね。

ちなみにベースもLoをガッと削ると輪郭がはっきりしました。

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 
アボラボ | URL | 2008-03-06-Thu 22:25 [EDIT]
そんでもって500Hz付近だけパッツり切ってみてください。腰の据わった太くて抜けるキックになりますよ。
senn | URL | 2008-03-06-Thu 23:52 [EDIT]
ありがとう!なんで?
キックも抜けるし、他の音もよく抜ける。
スネアも似たEQのかけ方にしたらなかなかバシっとした音が出たよ500Hzは何かがあるところなのかね?
数値で表せるってことはレシピみたいなものがあるの?
アボラボ | URL | 2008-03-07-Fri 05:27 [EDIT]
そのレシピみたいなものっていうのがいわば企業秘密的なものになります。DJするときのグライコの設定にも使えますよ。某Hさんから教わったんですけど。

ちなみに500Hzに何があるかっていうと、いわゆる「胴鳴り」っていうのが500付近ってことです。だから、逆にスネアを膨らんだ感じにしたければ500付近を持ち上げればいいんですよ。


Track backs

Thanks a lot!
URL
Copyright © 2017 MOJOMOJO. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。